Farmer's Table〜ラ・ボエーム

d0004296_2364445.jpg今日はもうひとつ続きを書くぞー。
ファースト・ミッションで月下の小屋の茶葉を手に入れ、
セカンド・ミッションで大天使聖ミカエルのメダイを手に入れました。
サード・ミッションは、素敵なお友達でフェルト作家のYUKAさんの作品を東京で展示・販売しているというFarmer's Tableさんを訪ねて、YUKAさんからの「よろしく」を店長さんにお伝えすること。これがかなり緊張したんです。
昔、お友達に連れて行ってもらった表参道の有名なカフェ、アニヴェルセールの近くにそのお店はありました。お店のすぐ近くでズームイン・スーパーの羽鳥真一アナウンサーを見ました。今朝、テレビで見た顔だー。東京ではこういうことがあり得るんですよねー。
さて、さて。お店の前には背の高いこんな奇麗なブルーの花をつける樹があり、広々とした前庭に緑がいくつもあって素敵なたたずまいです。通りから少し奥まった所にお店があり、一階はカフェスペース、二階がいろいろな作家さんの作品が展示してあるアトリエになっています。
「いらっしゃいませ」
店員さんの声に「先に、アトリエを見せてもらいますね」と答えて、階段を上ると、陶器の付いたアンティークっぽいドアノブやらハンガーフックやら、いろいろな雑貨が展示されていました。YUKAさんのピン・クッションがおいてあるとJunkoさんが教えてくれていたのですが、ナニソレ?だった私。ぐるぐると片っ端から見ていくと、なにやらフェルトでできたようなまぁるいボール。あ〜ぁ、まち針刺しね。



店長の石川さんが20周年を記念して出版された『ファーマーズテーブルの本』を開くと、YUKAさんのピン・クッションは、中の芯の部分に油が染み込ませてあって、刺した針が錆びないように出来ているんだと書かれていた。なるほどぉ。お裁縫をする人は重宝すること間違いなしですね(ほんとに分かって言ってるのか?)。お裁縫をしない人でも、玄関先においておくだけでもかわいいインテリアになりそうですよ。是非!
 さて、アトリエに人気がなくなったところで、またまた、勇気を振り絞ってご挨拶申し上げました。
「ゆっ、YUKAさんの、おっ、ともだちで、神野といいます!」 
自分でもなんでこんなに力入ってんだらうと思ったけれど、店長さんの方こそ、「なっ、なに、この人わ!」と思っているに違いない。かくかくしかじかでと説明になるようなならないようなことをしゃべって、「YUKAさんからよろしく」とお伝えしました。ふー、ようやく3つのミッション完了だ! 
お土産にミカエルのメダイをひとつ、「YUKAさんも好きなものなので。」と差し上げてきました。が、このことに一層お戸惑い遊ばせになっていらっしゃるようでした。こっちも緊張していて、それ以上どう話していいか分からず、「ではでは〜」なんてにこやかな別れのご挨拶だけ申し上げ、お茶もいただかずにお店を出てしまいました。後日、また出会った時に笑い話になることを願っています。
一休みして帰るつもりだったのに。それだけが今日の心残りでした。今度はきっとお茶をごちそうになりたいと思いますので、そのときはどうぞよろしくです。

d0004296_23324065.jpgFarmer's Table
150-0001東京都渋谷区神宮前5-11-1
Tel.03-5766-5875 Fax.03-5766-5876
営業時間(雑貨店)
AM11:00〜PM7:00
営業時間(カフェ)
AM11:00〜PM 8:00 月〜木
AM11:00〜PM10:00 金
PM12:00〜PM10:00 土
PM12:00〜PM 8:00 日祝祭
d0004296_23474284.jpgその後、緊張のせいかやはり疲れを感じて、どこかカフェはないのか〜と探して見つけたところが結構ハマりました。原宿の定番にしたいLa Boheme。表参道に面したこじんまりとした階段を下りると、そこは異空間。プッチーニの作品から拝借した名前、ラ・ボエーム。自由と歌ったボヘミアンのアトモスフィアを基調にした店内は、屋根の上のテラスをイメージしたつくりになっていて、頭上に天使の絵が描かれていたりする。WCへの通り道は屋根のように傾斜が付いていたり、テーブルの真横に屋根裏部屋の窓がしつらえてあったりして、屋根の上のカフェという感じ。以前はプッチーニなどの歌曲をBGMにしていたそうだが、今は少し変化を付けてみたとのことで、ジャズが流れていました。
d0004296_23531881.jpg
d0004296_23551221.jpg
なかなか馴染みのない表参道だけど、Farmer's Tableさんとこの店はこれから機会がある時に来るかもしれない。
この小さな階段と看板をを目印に。

La Boheme
東京都渋谷区神宮前5-8-5
ジュビリ−プラザビルB1
電話 03-5467-5666
ファックス 03-5467-5889
営業時間 ※午前11:30〜翌午前3:30
(3:00 food/Drink LO)
※ランチ:午前11:30〜午後3:00
(日・祝祭日除く)
年中無休
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-23 00:01 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧