幼きイエスの聖テレーズ

d0004296_1895121.jpg今日10月1日は、聖テレーズの記念日です。
1873年にフランスのアランソンに生まれ、若くしてリジューのカルメル会修道院に入り、神さまへの絶対的な信頼に生きた。結核を患い、1897年9月30日に帰天。1925年に列聖され、10月1日が聖テレーズの記念日と定められました。1997年には教皇ヨハネ・パウロ2世により、「教会博士」の称号が授与されました。




テレーズの教え(古いレポートからの抜粋です。)
 アヴィラの聖テレサ、十字架の聖ヨハネに並ぶ、現代の神秘主義家・幼きイエズスの聖テレーズは教会全体に公認されるような一体何を成し遂げたのだろうか。
 聖テレーズは、四才の時に母親を病で亡くし、第二の母であった次女ポリーヌはテレーズ九才の時、カルメルに入会。つづいて長女のマリーも四年後にカルメルの姉妹となり、別離と剥脱の厳しさを味わうテレーズはこの世の全て目に見えるものは過ぎ去って行くという真理を悟る。
 御降誕祭の回心によって、他の人のために自分の全てを差し出すこと、神様の愛の道具と化すために完全に自分を明け渡すことを学んだテレーズは、翌年念願のカルメルに入会。長年夢にまで見たカルメルの生活で彼女が実感したことは、祈りの充実感の欠如、誓願式延期の悲しみ、自らの無力さ・不完全さ、共同生活の困難さなどであった。しかし、彼女は憐れみの神を考愛の目をもって信頼し続ける。彼女にとって神の愛の印であった身分上の義務を心から忠実に行い、その行いの全てに愛の心をもってのぞみ、神の愛に答えていく。とかく絶対化してしまいがちな「する」という人間の行為を、テレーズはあくまでも相対的なものとしてしかとらえなかった。彼女にとっての絶対的な価値はただ純粋な愛の行為である。神の慈しみ深い計画の実現に無条件で協力してゆくこと、至高の善である愛を知らせ広めること、それがカルメルに咲いた小さな花の唯一の願望となり、自身の生活の全てをその使命に一致させていった。
 人びとにどのような道を教えたいのかと聞かれてテレーズはためらうことなく答えた。 「それは、霊的幼子の道、信頼とまったき委託の道です」。
 御父の腕のなかに、何の恐れもなくまどろむ幼子の道。慈しみの愛を引き寄せるのに、信頼が最も重要であることをテレーズは強調しようとするだけで、業の必要を否定しているのではない。信頼と委託の実行が完成されるのは、それを補完する、霊における貧しさという心構えをもって初めて可能なのである。
 「イエス様を愛し、愛のいけにえとなるには、すべてを焼き尽くして変化させるこの愛の働きを受けるには、弱ければ弱いほど、そして、何の望みも徳もなければないほどよいのです」。 
 希望するすべてを獲得するために、信頼は完全でなければならない。ただ神だけに、神のいつくしみだけに希望するのでなければならない。神との完全な一致を勝ち得る純粋な信頼の行為は、貧しさの深みからわき出るものであるから。
 そして、完徳についての考えを次のように要約する。
 「自分が無にすぎないことを認めて、幼子のように、神様のみ腕に自分を委ねさえすれば足りるのです」。
 テレーズのこの教えによって、自分自身から脱却し、全ての行いを神の栄光のために帰し、自己を神の国の完成のための道具として自己よりも力ある絶対者である神に委ねてゆくとき、人間の魂はあらゆる現世的な価値観から開放されて自由になり、自己の心の最内奥部からあふれる尽きることのない生の泉に潤されて、現代の病理的社会から被った精神的苦しみから開放されるのである。

テレーズに関するサイトはあちこちにあります。
聖テレーズと聖ピオ神父の紹介
リジューのテレーズ - Wikipedia
生涯と思想・著作、関連作品の紹介
Sanctuaire de Lisieux
リジューの教会のHP たぶん。
小さな道
「小さな道」を自費出版された方のHP
「小さな道で生きるという大発見」 愛の博士
ペトロ神父の祈りの園の中のページです。
Centenary of St.Therese(英)
聖テレーズの生涯、ノヴェナ(あるんだ!)、手紙、書物、祈りなどの紹介。とても詳しいです。しかも英語で読めるのが嬉しいです。気に入ったら訳したくなる神野です。
テレーズの家
オーラリーディングによるスピリチュアルカウンセリング、ヒーリング。おお!
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-01 18:11 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧