ルルドの聖母(1997年巡礼日記より)

d0004296_18281792.jpg キリスト教の最大巡礼地のひとつ、ルルドにはアヴィニョンからナルボンヌ経由で6時間20分。ピレネー山脈を越えればスペインに入ることが出来る。1858年、ベルナデッタ・スービルーという少女に聖母が現れ、指示された場所を掘ったところ、地下から泉が湧き出てきた。その泉を飲むと病気が治ってしまう奇跡が続出。世界中から病に苦しむ人々やその奇跡にあやかりたい人たちが訪れる最大の巡礼地となった。

 2月という時期もあってか、駅の周りは何も変わった様子はない普通の町である。地図とにらめっこして、その泉のある教会の方へ向かうと、だんだん道の両脇に食べ物や宗教的な小物を商う店が建ち並ぶ。その中に混じってホテルや宿屋も数多くある。


d0004296_181927.gif 1858年2月11日、南フランスの小村ルルドの少女ベルナデッタがガブ川の岸でたきぎを拾っていた時、聖母マリアが出現された。彼女は聖母が出現された洞窟を人々に示したが、多くの人々は信じなかった。しかし、2月14日から3月4日までベルナデッタは毎日聖母を見て、話をした。そのうちに、彼女の報告と、湧き出した泉にひかれて群衆が集まって来た。3月25日、マリアは出現の場所に聖堂を建てるようにとベルナデッタに命じられた。今日、ルルドは世界で有名な巡礼地となり、泉の水が病気を治すという奇跡がみられる。
 ベルナデッタはカルメル会に入りたいと望んだが、病身、特にぜん息のために果たすことができなかった。1866年に、ヌヴェール愛徳およびキリスト教的教育修道会に入った。1876年ルルドで大聖堂が祝別された時も、彼女はルルドに帰らなかった。ベルナデッタが帰天したのは1879年で遺体はヌヴェールに安置されている。
d0004296_18393212.jpg ルルド大聖堂は縦に三つの聖堂が重なった形で構成され、
最上階の聖堂はシュペリウールと呼ばれている。
偶然にも2月11日は聖母マリアが出現なさった日で、
フランスでも盛大にその祭日を祝う。
そのため、夏しか行われていないロウソク行列が
今晩と明日の晩は行われるらしい。
d0004296_841542.jpg 集まった人たちが教会前の広場をロウソクを持ってグルグルと歩き、聖母に向かってロザリオの祈りを捧げる。4、5千人集まったらしい。ハイシーズンには数十万人に上ると言われている。

d0004296_8364196.jpg 聖母がベルナデッタに出現した場所はグロット(洞窟)と呼ばれ、そこで聖母に感謝の祈りを捧げる人の姿は絶えず、常にロウソクが何十本もともされている。 この写真の左上には、ルルドの泉に癒され不要になった松葉杖が奉納されているのが見える。
 シュペリウールから右手に回ってゆくと、壁に人が群がっている。今では、その奇跡の泉を飲んだり持ち帰る巡礼者のために水道管が引かれ、多くの人がその蛇口から容器に水を汲んでいる。わたしも手に受けて飲んでみた。その味は・・・清らかな地下水。聖母マリアをかたどったデザインの容器も土産物屋で売られている。

1997年2月11日(火)

d0004296_18565440.jpg この日は、聖母マリア出現の祭日で、地下にこしらえられた聖ピオ10世のバジリカで大きなミサが行われた。中央に設けられた祭壇の周りは、病気の人や車椅子に乗った人たちの優先席。ミサのことばも数カ国語で行われるので、2時間半もかかった。 御聖体を頂くのに、こちらの人は並んだりせず、一挙に近くの司祭のもとに集まるから、ぎゅうーっと手を伸ばしてもみくちゃになってもらわなければならなかった。

d0004296_8451160.jpg 午後は新市街を歩く。
小学生たちの仮装大会があって、
魔法使い、お姫様、赤ずきん、バットマンなど
いろんな変装をしてかわいかった。

d0004296_1924231.jpg
新市街にある小教区教会。
轟くようなパイプオルガンの調べが充満していました。


 ベルナデッタ・スービルー。聖母マリアはただ一人、その少女の前にだけ姿を現し、メッセージを伝えた。その死後世界的にたたえられることになった少女が生まれた家は、非常に貧しい家の出だった。彼女の生家が今も残されていて、見学することができる。

KanaさんとJunkoさんの、今日始まったばかりのブログに早速トラックバァーック!!!
marie-madeleineのスピリチュアルな日々
http://le11fev.exblog.jp/

KanaさんとJunkoさん、記念すべきこの日にブログデビュー、おめでとうございます。
これから毎日楽しみにのぞかせていただきますね。

ライブカメラで現在のグロット(洞窟)を見ることができます。
[PR]
by tsk1225 | 2006-02-11 01:13 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧