聖ヤコブとホタテ貝

d0004296_2358356.jpg
 7月25日は聖ヤコブを記念する祝日です。特に国の守護聖人としているスペインでは盛大にお祝いしていることでしょう。ガリシア地方の西の町、サンティアゴ・デ・コンポステーラ。

 キリスト教世界で聖地巡礼が始まったのは中世に遡ります。10-11世紀以来、エルサレム、ローマのサン・ピエトロ、サンティアゴ・デ・コンポステーラが、ヨーロッパの三大聖地として、現在に至るまでおびただしい数の巡礼を集めています。
d0004296_23592447.jpg


 イエスの12人の「使徒」と呼ばれる弟子の一人に漁師出身のヤコブがいました。ヨハネ福音書を記したとされるヨハネの兄弟です。スペイン宣教から戻ったヤコブはユダヤの地で殉教したとされています。弟子達は遺体を小舟に乗せて、北スペインのガリシア地方に運びました。遺体はこの地に埋葬されましたが、ローマ帝国の支配の下、初期キリスト教は迫害に喘いでおり、ヤコブの墓もだんだん忘れられてしまいました。これが1世紀のこと。

 時は流れて9世紀。
 レコンキスタ(国土回復運動)の中、イスラム勢力から奪還したガリシアの土地でヤコブの墓が発見されました。ある時、奇跡の光に導かれて、人々がその光の指し示すところに行くと、草むらの中に大理石の墓が見つかりました。伝承に伝わる聖ヤコブの墓に違いないとの噂が広がり、時のアストリアス王アルフォンソ2世がその地に小さな聖堂を建てて、ヤコブを祀りました。
d0004296_2358375.jpg

 続いてその子アルフォンソ3世は、872年に立派な聖堂を建立。その聖堂は今日のサンティアゴ・デ・コンポステーラの基礎となったのです。

 ホタテ貝がヤコブのシンボル、果ては巡礼者のシンボルとなったわけは、ヤコブの遺体がボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』のように、約2メートルもあるホタテ貝に守られていたという伝承(ガリシアの古い言伝え)やヤコブの遺体がガリシアに流れ着いたとき、周りにたくさんのホタテ貝がくっついていたからという言い伝えもあります。

d0004296_23574183.jpg 先日のフランス縦断の旅のヴェズレーの町でも道路にホタテ貝が表されていましたね。スペインの巡礼路沿いの町、私が行ったところではサラゴサ、ブルゴス、レオンなどでも、道路や建物の壁などにもホタテ貝のシンボルがあしらわれ、残り何キロという道しるべにもなってました。私のロザリオも、サンティアゴで買ったホタテ貝のロザリオです。センターだけでなくひとつひとつの珠がホタテなんです。ヤコブ ホタテ 巡礼 などで検索するといろいろ出てきます。なかでも、カミーノって? というページは詳細でしたのでおすすめです。
http://www2.gol.com/users/mijo/E01.viajes14.lunademiel00.camino.htm

 また、歩いて巡礼されたNoriaki Hayashiさんの記事も素敵だったのでトラックバックさせて頂きました。
この旅はとても特別なものだ。そして、この「El Camino de Santiago」に興味を持つ人にはただ一言こう言いたい「行って歩きなさい」と。この旅のすばらしさは、どれだけ言葉を重ねても伝わらないし、写真でもだめだ。実際に歩いた者のみが知ることができるすばらしさが詰まっている。とにかく、一瞬一瞬が完璧な瞬間で、すべてのプロセスに意味がある。
そして、すべての人にそれぞれのカミノがあるはずで、すべての人にとっての何かの答えがそのプロセスの中に隠されている。それは、同じ巡礼者の誰かが話してくれた話の中かもしれないし、何気ない風景の中かもしれないし、プロセス全体が一つの意味を持つかもしれない。それらに気がつくかもしれないし、気がつかないかもしれないし、後々に気がつくかもしれない。
いろいろなことに耳を傾け、いろいろなものを見ながら歩く。ものすごく広大な風景も見れるし、自分の中の薄暗いところも見えたりする。

[PR]
by tsk1225 | 2006-07-25 22:24 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧