<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こんばんはぶりだいこん。

d0004296_20482444.jpgぶりだいこんを作るのは2回目。今日はいつもよりすこし手間をかけて作った。だいこんは面取りをし、さっと茹でて水洗い。ぶりは丁寧に鱗を剥がして塩揉みし、しばらくおいてから熱湯をかけて生臭さをなくす。それからつゆで煮るとぶりのくさみもえぐみもなくて、ほどよくだいこんにもうまみがしみ込んでいる。なかなかよくできたので、嬉しくなって載せてしまいます(笑)


More
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-30 20:58 | DIGITAL ASKA

聖ミカエル 聖ガブリエル 聖ラファエル大天使の祝日

いつくしみ深い神よ、あなたは限りない英知をもって天使と人間にそれぞれ使命をお与えになりました。あなたに仕える天使の助けによって、わたしたちもゆだねられた使命を果たすことができますように。
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-29 13:14 | DIGITAL ASKA

緑爽やかな参道

d0004296_20351847.jpg曼殊院・・・覚えてますか?(汗;)
曼殊院の表参道を白川通に向かって戻る。
初めて通る道やけど、地理勘はいい。
道の具合を見て、ここだ!と曲がってみる。
あかしや並木の爽やかな参道に出くわした。
まだ赤山禅院ではないはずだが、
ここは入ってみなあかんでしょう。
午後2時すぎ。
まだまだ日は高く、
しゃわしゃわと蝉の声があたりを支配している。

参道は100メートルほども続いただろうか。
上って下さいと言わんばかりの石段に誘われるままに歩みを進めると、なんと神社があった。手持ちの小さな地図にはひとまわり小さな文字で鷺森神社とある。祀られているのは素盞嗚尊(すさのおのみこと)。最初比叡山麓、赤山明神の付近に祀られていたが応仁の乱の兵火で罹災し、今の修学院離宮の山の中に移され、離宮造営にあたり霊元帝により現在の鷺の杜に社地を賜り、元禄2年(1689)6月御遷座になり修学院、山端の氏神社として今日に至っているそうです。


More
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-27 21:21 | 鷺森神社

天使たちのこと

カトリックの教会歴では、9月29日は聖ミカエル 聖ガブリエル 聖ラファエル大天使の祝日なんですよー! 
ミカエルは、「神と似た者」という意味で、ダニエル書(10.13)に、イスラエルを助ける天使として描かれ、ヨハネ黙示録(12.7)でも悪魔に対して戦ったと記されている。聖フランシスコ・ザビエルによって日本にキリスト教が伝えられたのは1549年であるが、キリスト教宣教の許可が出たのは同年の9月29日であったことから、ザビエルは聖ミカエルを日本の守護者と定めた。

 ガブリエルは、「神の力」という意味で、ダニエル書では神のメッセージを預言者に伝えている。新約聖書の中では特別な役割をもち、ザカリアに洗者ヨハネの誕生を、聖母マリアに救い主イエスの誕生を伝えている。通信・報道の保護者といわれる。

 ラファエルは、「神はいやされた」という意味で、神のみ前にいる7位の天使の1位である。トビト書では、人々の祈りを聞き入れて神にとりなし、エノク書では、堕落した天使たちに汚された地を清らかにする天使として描かれている。旅人、薬関係の仕事に携わる人、パイロットの保護者といわれている。
(女子パウロ会から引用させていただきました。)

こんなところにも天使の情報がありました。
しばらくの間、釘付けに読んでしまいました。
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-26 18:31 | スピリチュアル

un cadeau

d0004296_1231226.jpg
素晴らしい思いの詰まった宝箱が届いた。神友(しんゆう)よ、ありがとう〜 ありがとう〜
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-25 12:07 | DIGITAL ASKA

Farmer's Table〜ラ・ボエーム

d0004296_2364445.jpg今日はもうひとつ続きを書くぞー。
ファースト・ミッションで月下の小屋の茶葉を手に入れ、
セカンド・ミッションで大天使聖ミカエルのメダイを手に入れました。
サード・ミッションは、素敵なお友達でフェルト作家のYUKAさんの作品を東京で展示・販売しているというFarmer's Tableさんを訪ねて、YUKAさんからの「よろしく」を店長さんにお伝えすること。これがかなり緊張したんです。
昔、お友達に連れて行ってもらった表参道の有名なカフェ、アニヴェルセールの近くにそのお店はありました。お店のすぐ近くでズームイン・スーパーの羽鳥真一アナウンサーを見ました。今朝、テレビで見た顔だー。東京ではこういうことがあり得るんですよねー。
さて、さて。お店の前には背の高いこんな奇麗なブルーの花をつける樹があり、広々とした前庭に緑がいくつもあって素敵なたたずまいです。通りから少し奥まった所にお店があり、一階はカフェスペース、二階がいろいろな作家さんの作品が展示してあるアトリエになっています。
「いらっしゃいませ」
店員さんの声に「先に、アトリエを見せてもらいますね」と答えて、階段を上ると、陶器の付いたアンティークっぽいドアノブやらハンガーフックやら、いろいろな雑貨が展示されていました。YUKAさんのピン・クッションがおいてあるとJunkoさんが教えてくれていたのですが、ナニソレ?だった私。ぐるぐると片っ端から見ていくと、なにやらフェルトでできたようなまぁるいボール。あ〜ぁ、まち針刺しね。

More
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-23 00:01 | DIGITAL ASKA

月下の小屋〜大天使聖ミカエル

d0004296_21352722.jpg
今日は念願の茶葉を手に入れました。知る人ぞ知る北の某紅茶やさんのJunkoさんが輸入して下さっているフランスはリヨンの茶葉専門店・CHA YUAN。今、キャトル・セゾンにてCHA YUANの秋限定のPavillon Sous la Luneが販売さています。 “月の下の小屋” なんて素敵な名前でしょうか。

More
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-22 22:54 | DIGITAL ASKA

エンジェル・メディスン・ヒーリング

d0004296_17312751.jpgエンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智
ドリーン・バーチュー 山口 文子 / メディアート出版
ISBN : 4916109937

ドリーン・バーチュー博士はこの本の中でこう語っている。
“不幸のどん底で不安にかられているときは、信念など吹き飛んでしまうかもしれません。天使に頼れば、自信を深め、何もかも上手く行くと確信することができるのです。神の秩序に信頼を寄せる天使に助けてもらうことができるのです。天使が私たちを恐れから解放してくれるので、わたしたちは信頼感でいっぱいになります。最高のヒーラーであり、師であるイエスは自らの人生を通してこう教えています。
「あなたがたが信じれば、信じたことがあなたがたの身に起こる」”

私に聴くことを教えて下さい」という、私にとって大切な祈りをトラックバックして下さったふらんちぇすかさんを通して、Notre ChambreのJunkoさんと出会った。リヨンの紅茶専門店“CHA YUAN”の茶葉を輸入・販売をしているJunkoさんとお店のスタッフの方たちは、お世辞抜きにまったく素敵な方ばかりでした。先の記事でセプテンブル・スピリチュアルと呼ぶ三日間のうちに、Junkoさんたちからいろいろなことを教えてもらった。それらは理屈を越えて、心に直に響き渡ってきた。福音のメッセンジャーである神の子イエス・キリストと共に、神さまのメッセージを伝え、わたしたちの人生のお手伝いをしてくれる天使たちのこと。生きとし生けるすべてのいのちへの感謝と一致を表す神聖な言葉を持つネイティブ・アメリカンのこと。フェルト作家であるゆかさんの幸せを運んでくると言い伝えられる梟・いぶーのこと。修験者の霊感によって写し出される神秘の数々。選りすぐりの食材に愛情を惜しみなく注ぎこむ天才シェフたちのまごころと優しさ。他にもこのスペースには書き尽くすことができないほどのことを学び、経験させていただいた。

Junkoさんが紹介してくれた大天使カードのこと。上に紹介したドリーン・バーチュー博士が生み出した大天使たちからのメッセージを伝えてくれるカード。わたしは占いについてそんなに関心はない方だったけれど、このカードは信じます。天使というものは、聖書や宗教絵画のなかにだけ描かれる抽象的なモチーフなのではなく、今もいつも私たちのまわりで神さまからのメッセージを伝え、人生の様々な機会に光の方へと導き、ひらめくアイデアを送り、後ろから背中をポンと押してくれる、愛と優しさに満ちた、というより、そのものである存在なのです。仙台を訪れて三日目に、Junkoさんがわたしのために大天使カードで占ってくれました。それをリーディングというそうです。わたしの意識に残っている限りでは、2回のリーディングを行ってくれましたが、2回とも驚きのあまり言葉もでないくらいの、ぴしゃりと言い当てる結果だったのです。(1)想像力を使ってものを書くこと、(2)人生の棚卸しをすること、(3)不要な癖を手放すことが今、神野さんに大切なことですよと教えてくれた。(1)は既にこのブログで私の大切にしたいことを心と祈りを込めて綴ってきている。(2)と(3)については、かねてから強くその必要性を感じ、実行することを決心していたり、すでにその三日間のうちに始めていたのです。
「天使が手伝ってくれるから、リーディングはいつも正しく、間違うということがありません」
Junkoさんのことばに、わたしは全面的な信頼と安心感を覚えました。仙台から帰ってすぐに、大天使カードを注文した。その後も数回だけ自分でリーディングを行った。正しいリーディングの方法っていうようなものもまだつかめていなかったけど(今日現在も)、説明書に従って心に念じて行ってみると、やはりぴったりの結果が示されたので、驚き再び。「こいつは、すごいぞ」みなさま。ほんとに、すごいぞ!!!

もっとこのカードとドリーン・バーチュー博士について深く知りたいという欲求が湧いてきた。今日の午後、駅前の書店に出かけてみると、あった。本棚で私に見つけられるのを待っていたようで、やはり、その背表紙のまわりが紫色の光に囲まれているようだった。

実は、紫色はときどき私は感じるようです。イタリアのアッシジ、ご存知の方もいらっしゃると思います。アッシジの駅に降り立ち、丘の上に旧市街が広がる光景を見て、そここそがアッシジだとは知らずにいた私は、その丘全体がわたしに訴えかける超自然的な力を感じて、「いったい、あそこはなんだ? なぜ、心はこんなにも惹かれるのか?」と不思議な気持ちになった。そのとき見たアッシジの丘も、全体が紫色の光に包まれていた。丘の麓の住宅地を彷徨い歩いて見つけた全景を見渡せるスポットから撮影した写真には紫色の光は写っていませんが、私の目はたしかに紫光を捉えていました。あの光もきっと天使が見せてくれたのでしょう。

必要な助けは必要な時に訪れる。洗礼を受けてから、苦しいことを感じることは増えた実感があります。洗礼によって信仰の目が開かれる前は、それが苦であることさえ気づかなかったのです。でも、シスターや神父、信者さんから時々励まされました。神さまは乗り越えられない試練はお与えにならない。試練と同時にそれを乗り越えるための恵みも一緒に下さるのだ、と。苦しみのまっただ中で、もっとも嵐の風が強いその時は、やすやすと受け入れられる言葉ではありません。
「何いうとんじゃー、そんなんやったら、はじめから素直に助けたれよー おら!」
「なんで自分だけ、こんな苦しい目せんならんねん? えー、おら!」
「あんたなー、人ごとや思て! そんな気休めの言葉が何になるねん!おら!おら!」
ま、おもろい(こら!)けど、こんなもんにしときましょう(笑)

人間は、時間の中に生きるもの。
時は過ぎ去る。
かならず。
立派に耐え抜いても、
負けて負けてぼろぞうきんのようになっても、
時は過ぎ去る。
去らぬ時はない。
台風一過、振り返る時がくると、
あるいは、フランさんも書いていらっしゃいましたが、
臨界点をに達して解放してやると、気休めのチープに思えた言葉が異なる響きをもって心にずずんっと迫って来るのを感じるのです。信仰の恵みなんやなぁ。

守られてた・・・。   愛されてた・・・。

そんなときこそ、やっぱり思い出してみたい。イエスの言葉を。
「あなたがたが信じれば、信じたことがあなたがたの身に起こる」


えらい話があっちゃこっちゃ飛んでしもた。
ブルさん〜フランさん〜Junkoさんへのつながり。ひろがり。大天使カードとこの本。
全ての出会いは、時に適って美しく、秘められた(実はそうじゃない やっぱり秘められた)意味があるのですね。コヘレトの3章・・・
大天使カードやドリーン・バーチューさんに興味を持たれた方は、是非ふらんさんやJunkoさんところに行ってみて下さい。今、あなたに必要なことが分かる鍵をきっと見つけられることと思います。

ふらんちぇすかさん http://cafefran.exblog.jp/
Junkoさん http://www.cotemidi.com/
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-18 20:14 | スピリチュアル

聖ミカエルと九天使群のためのノヴェナ(九日間の祈り)

d0004296_11431072.jpg昔のアルバムをひっくり返していたら、モン・サン・ミッシェルで手に入れたノヴェナが出て来た。最近ミカエルとはかなりのつながりを感じていて、ノヴェナも丁度明日からと書かれている。

---+---+---+---

このノヴェナは、いつでも、合同でも個人でも行うことができます。特に形式は定められていません。毎月15日から23日まで、次のお祈りを唱えるだけでよいのです。同じお祈りが同日にモン・サン・ミッシェルの聖堂で行われています。このお祈りには、これらの全ての信者をひとつにする力が与えられています。ノヴェナの期間中、そのままで贖罪を受けることができます。


毎日
主の祈り1回、天使祝詞1回、使徒信条、告白の祈り(全能の神と兄弟の皆さんに・・・)を行い、その後は、日付に従って以下の祈りを捧げます。

第1日(その月の15日)
セラフィム(熾天使)の栄光によって祈ります。
いとも輝かしき天軍の王、大天使ミカエルよ、世界に拡がる邪悪な魂との戦いにおいて、その迷いから私たちをお守り下さい。あなたの形にかたどられて作られ、血によってあがなわれた人々の所に急いで助けに来て下さい。神と兄弟の愛が増しますように祈ります。

第2日(16日)
ケルビム(智天使)の栄光によって祈ります。
天軍の王なる聖ミカエルよ、私の祈りに答えて下さいますようにお願いいたします。私の魂が終わりの日に、あなたの聖なるご保護のもとにありますように。また喜びのうちに、復活の栄光を待ち望む聖人たちとともに、平和と憩いに導いて下さい。(15世紀写本より)

第3日(17日)
トロネス(座天使)栄光によって祈ります。
キリスト信者の偉大な守護者である聖ミカエルよ、彼らが使命を成し遂げられるように教会を見守って下さい。あなたの勝利の力を増して、私たちの信仰を破壊しようとする者に打ち勝って下さい。イエスズ・キリストの教会が新しい信者を増やし、世界中の兄弟姉妹に福音をのべ伝えることができますように、地球上の人々が共に集い、神の栄光をたたえることができますように。

第4日(18日)
ドミネーションズ(主天使)の栄光によって祈ります。
守護の天使の王である聖ミカエルよ、あなたの優しさを私に与え、助けて下さい。あなたのお導きによって、永遠の光にあずからせて下さい。私たちの労働も、憩いも、昼も夜も、あなたを通してのみ神と隣人への捧げものとなるからです。(12世紀賛美歌より)

第5日(19日)
パワーズ(能天使)の栄光によって祈ります。
聖ミカエルよ、教会にあなたを守護の天使として崇めます。神はあなたに魂を罪から救い、天国の至福に導く使命を委ねました。どうか、人々が再び罪を犯すことのないように、悪魔を打ち砕き、平和のために祈って下さい。全能の神に私たちの祈りを取り次いで下さい。神はすぐにその憐れみによって私たちを許して下さるでしょう。(法王レオ13世)

第6日(20日)
バーチューズ(力天使)の栄光によって祈ります。
聖ミカエルよ、私たちの最後の審判の時に裁かれないように、争いから守って下さい。栄光に満ちみちた王よ、私たちをいつも常に神の子に祈って下さい。あなたが悪魔と戦った時「あぁ、神の栄光と力は永遠、アーメン」という声が天に響きました。(Coutances管区の答唱)

第7日(21日)
プリンシパリティズ(権天使)の栄光によって祈ります。
天軍の王、天軍を率いることが神から委ねられている方、聖ミカエルよ、私を照らし、人生の嵐に苦しむ私たちの心を強めて下さい。私の魂を燃え上がらせ、地球上の様々な問題に耳を傾けて下さい。ふらつく私の足を支え、福音の道からそれないようにお守り下さい。また、貧しい者に仕える愛の心が持てますように助けて下さい。あなたの慈悲の焔で私を覆って下さい。

第8日(22日)
アーカンジェルス(大天使)の栄光によって祈ります。
私たちの祈りをとりまとめる使命を持つ聖ミカエルよ、私たちの魂を引き上げ、邪悪と戦う私たちを支え、精神と身体の外敵から私たちをお守り下さい。苦悩の中にある人々を助け、彼らの願いを聞き入れて下さい。あなたの御助けの恩寵、優しい愛をお示し下さい。

第9日(23日)
エンジェルス(天使)の栄光によって祈ります。
魂を喜び迎え、全能の神に引き合わせる使命を持つ全宇宙の教会の守護者聖ミカエルよ、臨終の時、お助け下さい。私の守護の天使と共に、悪い天使を追放し、撃退させ、私を助けに来て下さい。私の信仰と希望と愛を強めて下さい。私の魂が聖三位一体の神、および主に選ばれた人々共に、永遠の憩いに入れますようにお導き下さい。(古典の祈りより)

ノヴェナの目的
・悪魔の勝利者、教会の守護者である聖ミカエルの取りなしによって、教会、神父、教皇、国家に天の守護を求めるために。
・聖ミカエルとともに悪魔や霊魂を迷わせる邪悪と戦うために。
・突然の死から私たちを守り、より臨終の恩寵、煉獄の魂の救いが得られるために。

---+---+---+---

教会にはこうしたイニシエから伝わる祈りがいくつもあるのでしょうね。
現在ではおまり使われないような言葉が出て来て、『暗黒の時代』とよばれた中世の泥臭さを感じますが、その当時の教会が実際に炎と剣で戦争をしていた事実が祈りの言葉にも反映しているのでしょうね。彼らの戦場での祈りもまた、生々しく、ギラギラしているけれど、強い祈りだったのかも知れません。
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-14 11:56 | DIGITAL ASKA

四谷・イグナチオ教会(2)

わたしが東京で一番好きな場所を紹介します。イグナチオ教会のザビエル小聖堂。
d0004296_23104684.jpg
常に完全な静寂に満たされた聖なる場所。いつ訪れてもガラガラなのですが、しかしいつ訪れても誰かが祈りを捧げています。誰もいなかったこともなく、3人以上いたこともなかった場所。左側後方からこの聖堂に入り、奥(右側)から光が差し込んできます。右側の壁があるところは全面ガラスで仕切られ、水鉢から水が流れ出し、充満した聖なる静寂の中、一滴一滴水の滴る音が心地よい祈りの世界へと誘います。僅かな隙間で外部と通じる水面が聖堂内部にも広がっており、創世記の冒頭が思い出されます。

初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、
神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。「光あれ。」(創世記1:1)

d0004296_23233273.jpg
心ゆくまで神さまとお話をして、力と勇気をもらったら静かに聖堂を出ましょう。

d0004296_2343963.jpg帰りに四谷駅に向かう途中、小さな石の階段を見つけました。上ってみると木々に囲まれた道がどこかへ私を誘っているようでした。まるで、サンティアゴ・デ・コンポステーラの公園にあった道のよう。だんだんと傾いていく太陽を見ながら、吸い込まれていくように進んでいきましょう。どこに続くかなんて心配は要りません。天使が見守ってくれています。奇麗な花を見つけたり、ねこにも会いました。ふしぎな道。やがてホテル・ニュー・オータニが現れ、見事な庭園を抜けて赤坂見附へと出てきました。三越のイベントが催されていて、400万円という値札の付いたタペストリーや、150万円の金糸の布団などなど目の保養になりました。ちょっと得した気分を味わえた四谷散歩でした。誰かが東京へ会いに来てくれたら今日のコースをご紹介しますね。
[PR]
by tsk1225 | 2005-09-10 23:45 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧