<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

腰痛!

あ〜、気分不快だ。腰痛です。
う〜、なんとも気持ち悪くて仕方がない。
とりあえず熱い風呂に入って温めてくることにします。
あ゛〜、癒しの大天使ラファエル、今すぐ治して欲しいです。

ふ〜、温まった〜。温泉でゆっくりしたい!
仕事は一日立ち仕事、動き(走り)っぱなしで、いやほんとに。
腰に負担の来ることがほとんどで、職業病です。
いつか書いたように体育会系ですから、体力に自信はあるけれど
(那須〜東京間をMTBで往復したことあり)
(そのうち一度、実家まで片道400KM帰ろうと思う)
(いつかは、徒歩でサンチャゴ巡礼をするぞ!)
日々の疲れはだんだんと腰にたまってくるので仕方がない。
明日、行き付けの整体院に行って来よう。
つまらない記事ですみませんねー。
こんな時は他に浮かんで来ない。
あたらしくなった品川駅でも見てくるか。

整体院に行ってみた
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-31 22:14 | DIGITAL ASKA

光へ 光へ

職場のことはあまり書かないようにしているのだけれど。
今日は先月退職された方の送別会があった。
年は結構上の方だけど、一応同期ということもあって
寂しい気持ちも。
どうしても用事があって来られない人や夜勤をしている人をのぞいて、
職場の全員が集まって、新たな門出を祝福した。
みんなで寄せ書きした色紙やすごく奇麗な花束を贈呈。
泣いて喜んでたのが印象的だったなー。
新しい環境、新しい道を歩む、人生のNew Stage
大いなる祝福がありますように。

盛り上がる宴会
高まってゆくテンションにのって
起きたひと顛末。
流転する物語の終焉で
10歳以上も若い新人職員の悩み、語りに
皆が耳を傾ける。

若さよ、お前はなんと瑞々しくいのちに溢れていることか。
わたしは君のその若さが羨ましい。
君は若くて言葉も態度も純粋で若くて青くて
でもその青い若さが憎めなくて。
かわいい。
自分にもそんな時期があったのだろう。
善くも悪くも
いろんな経験を積み
泣いたり、笑ったり
傷つけたり、傷ついたり
自暴自棄になって
破れかぶれをし
周りが見えなくなって
狭くてちっちゃな
自分だけの考えに閉じこもり
かけてくれる情けや優しい言葉に
耳を閉じ
自分でも手の付けられない自分になってたっけ。
人のため
相手のためと
よかれと思ってしたことが
人を傷つけて、自分も傷つけた。
わたしも若くて青かった
でも、そのときのエネルギー
純粋で、まっすぐで
まぶしかった。
そう、今の君のように。
生きてく中で泥まみれになって
わたしはもうそんなにまぶしくはなれない
今の君のように。
でもね、こんなわたしでもね、
まだまだ、残っているんだよ。
今の君がそうであるように
純粋さが放つエネルギーの根源が
純粋さへと憧れるベクトルを
わたしに与えるエネルギーが。
その光
光へとわたしを向けさせ
光へとわたしを導く
光へ、光へと
どんなに泥にまみれても
どんなにうすよごれても
絶対に失せることのない
光がわたしにもあるんだよ。
そして
同じように
光を携えて
同じように
光へ 光へと
ともに歩む
光の仲間がいるんだよ。
光から出て
光へと帰る
光の仲間がいるんだよ。
影のあるところに
必ず光があるんだよ。
進め 光へと。
歩め 光へと。
光へ 光へと。
d0004296_0144061.jpg

   COPYRIGHT MR.KOSEKI 2005.10.27 Thursday 19:40:19 富士山のご来光
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-28 00:17 | DIGITAL ASKA

Le Ciel Est Bleu

d0004296_1531842.gif
オモシロくてかわいいサイトを発見。
コンベヤーに運ばれてくるいろいろなパイプを画面上にドラッグ。
パイプの組み合わせで、作曲とまでいかなくても、音を作り出すことができる。
パイプのパーツによって奏でる音が違って、
パイプを回転させてつなげたり、
音の調を変えたりして、
音の組み合わせを楽しんでみて下さい。
赤いボタンやレバーを操作すると・・・です。
1時間以上も遊んでしまった。
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-26 15:46 | DIGITAL ASKA

夢の中でですが。

 夜勤明けでまさに倒れるように眠りこけてから、あれ? 何時間経つんだっけ? あ、まだ2時間も経ってないじゃないか。夜勤明けの眠りって急速にすとんと深く眠っちゃう。そして、大抵午後3時か4時頃には一度トイレに起きたくなってしまう。今日は2時前という短い眠りだった。
 その夢の中で、結構嬉しいことをしておりました。わたし、チェロを弾いてたんですよ。それも設定が夜勤中の真っ暗闇の中で、他の職員や利用者たちに見つからないように起こさないように。もちろんバッハの無伴奏チェロ組曲から第6番のメヌエット。それを見つからないように短くワンフレーズずつ弾いては耳を澄ませるという、あり得ないことをしていた。そんなん、見つかるに決まってるやん、と自分でもツッコミたくなる。でも自分でも悦に入っていてやめられへん。
 ラッセル・グラント『夢の事典』によると、ライフスタイルがガラリと変わるかも。そして、朗報の予兆があるらしい。ほ〜んとかなぁ。もう一度チェロの夢に戻りたい。できればコンサートホールで(爆)。確か今日は、神戸でミッシャのコンサート(来日公演予定)があるんですよ。ちなみに最近ミッシャの公式ファンクラブと公式サイトを発見してしまいました。
ミッシャ・マイスキ− ファンクラブ
Mischa Maisky
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-26 14:21 | DIGITAL ASKA

まなざし

d0004296_1243924.jpg

8年前の3月、初めてアッシジを訪れた。そのときのお土産のフーさん。
長い間部屋の中でピアノの上にいらっしゃった。
文字通り初めて日本の地を踏んだんじゃない?
場所は京都御苑の白詰草の中。部屋を出る時にふと目に入って、鞄の中へ。
ちょうど手のひらにのるくらいの身長なので、連れて歩きやすい。
羊と山羊が足下に寄り添い、小鳥が手に乗っていて、まなざしが温かい気がする。
このフーさんを見るたび、自分もこんな風に温かいまなざしで人を見ることができているだろうかと思う。兄弟姉妹のように。父・母のように。
優しいまなざしを持つ人になりたい。
男性でも女性でも目の輝きのうつくしい人に惹かれてきた。
わたしもそんな輝き、まなざしを持つ人になりたいと願うのである。

やさしい目が きよらかな目が
今日も わたしを みていてくださる
まっすぐに あるきなさいと みていてくださる
(詩・曲:新垣壬敏『カトリック典礼聖歌集』506番)
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-25 13:00 | DIGITAL ASKA

ラインは上向き。

どうも、前の投稿から結構日が経ってしまっている。
書くべき記事、京都の夏の記事、
次は梨木神社の染井など、があるにはある。
だけど、なんか、気が乗らないでいる。
やらなきゃいけない勉強にも身が入らない。
勉強の方はもやもやしているのがまだ二日間の話なのだが。
もう半年以上もやってきたんだ。
こんなときは無理してもダメだって経験で分かっている。
もっぱらiTunesで毎日聴いているBGMも良くないのだろうか。
昔っから音楽を聴きながら勉強してきた。
自分はそれでかえって集中できるタイプだったのだ。
Mischa Maiskyが気持ちよすぎ。アルファ波出てると思う。
それで、眠くなってきて、今日は午後から午睡の贅沢。
雨だったし。雨音が好きだ。

占いとか、天体の運行から何かを読む能力のあるような種類のひと達なら
なにか分かるかもしれないけど、なんとなく、停滞期?
この停滞期のような時期をすぎればあとは勢いに乗って試験まで順調に
ゴゴゴと突き進んでいける確かなイメージを感じている。
このエネルギーはすごくて、じぶんでもびつくりするくらい。
すんごい集中力でゴール目指して休むことなくまっしぐら。
これは以前一発合格した国家試験からの経験で分かっている。
高校のテストの時にも感じてたっけ。
この停滞期もそう長く続きはしないことも、
数日のうちに晴れることもなぜか直感的に分かっている。
来月は誕生月であり、友人の結婚式があり、また仙台にも行く。
そして待降節を迎えて、クリスマス、新年がすぐにやってくる。
2006年は自分にとっても明るい年になるであろう。
実りの年。スズメウリを育てる年。
これまでの色々な経験と歩んできた道が導く数々の実り。
喜び溢れる年になるという確かな予感がある。2007年も。
だからラインはこれからも上向きに伸びている。
これを書いているうちにもどんどん気持ちが晴れやかになっている。
天使がそばにいてくれるのであろ。
薔薇のポスカにも天使がいるのだから、集まっているに違いない。
さ、こんな日は早めに寝てしまおう。
あ、紅茶入れたんだった。
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-22 23:14 | DIGITAL ASKA

京の名水「染井」

d0004296_23321261.jpg
 さて、曼殊院、鷺森神社、赤山禅院と一乗寺周辺の散策も終了。この日最後に訪れたのは、京の三名水のひとつ「染井」のある梨木神社。御所(京都御苑)の隣接地というか東側の一画にあり、ペットボトルを持って水を汲みにくる人が絶えません。


More
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-20 23:40 | 梨木神社

ミッシャからミハイルへ

昨日に続いて、もうひとつミッシャ・マイスキーの本について書きたい。
インタビューをまとめた自伝的作品『ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト』。その第16章「ミッシャからミハイルへ」。
この本を手に取ったのは大好きなチェリストの名前が表紙写真とともに印刷されていたからだが、この本を買ったのはぱっと開いたページの次の文章が目に飛び込んで来たからだ。
私は子どものころから「ミッシャ」と呼ばれていた。
ミハイルのニックネームである。
ミハイルというのは、ヘブライ語のミハエルから来ている。
ミカエルというほうが一般的かもしれない。
ガブリエル、ラファエル、ウリエルと並ぶ四大天使のひとりで、
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教で共通して重んじられる。
ミカエルはイスラエルの守護天使でもある。
西側に出たとき、人から「マイケル」とか「マイク」とか呼ばれ、
これはまったく自分の名前ではないと感じた。
そのつど違和感を感じ、気持ちが悪くて仕方がなかった。
そこで、正式名も「ミッシャ」にした。

More
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-12 22:45 | DIGITAL ASKA

ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト

ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト
ミッシャ・マイスキーのチェロが好きな人、必読です。
無実の罪によって投獄されたソ連時代。
イスラエルでスタートさせた演奏家としてのキャリア。
そして、カザルス、ピアティゴルスキー、ロストロポーヴィチ、バーンスタイン、メータ、アルゲリッチ、クレーメルら
名音楽家との交流などから浮かび上がるマイスキーの
“魂の音色”の秘密。
代表的な作品であるバッハの無伴奏チェロ組曲に表される
ロマンスや静寂の平安の境地、バッハへの敬愛と尊敬の念、
それらの音色の秘密が、この本の中に読み取れます。
ページをめくるごとに、まるで彼の演奏を聴いているかのような気持ちになります。

More
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-12 00:18 | DIGITAL ASKA

チーズケーキ、ふたたび。

d0004296_10276.jpg今日は朝からレア・チーズケーキを仕込みました。例のフィラデルフィアのクリームチーズ。箱の中に「3ステップレシピでカンタンでおいしいチーズケーキづくり!」なるものがあるねんから、作らへん手はない。せやろ、せやろ? (誰に同意を求めてるんだか)


More
[PR]
by tsk1225 | 2005-10-09 10:49 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧