疲れたもの、重荷を負う者は、だれでも

昨日の日曜日、連れ合いと一緒に教会に出掛けました。
久しぶりのミサにあずかるためです。いつもその教会は車で仕事で素通りするだけでした。
http://pauline.or.jp/visitingchurches/index.php

初めてこの教会のミサに参加するのだけれど、なんだか人が多そうだな。
そしておしゃれな洋服で着飾っている子供達が多い。
もしかして? 今日って復活祭? そのもしかしてなのでした。

仕事が忙しくて復活祭がいつだの、四旬節だの、すっかり忘れていました。
クリスチャンとしてそれはどうよって自分でも思うほど、教会や信仰のことを
考える余裕もなく仕事をしてました。
まったくひどく心の余裕も失ってしまっていました。
でも一年で最も大切なこの復活の主日のミサに「呼ばれた」のだ。
故郷の友人二人と電話ではなすと、二人とも「呼ばれたんだよ」と。
仕事にのめり込んでいたわけではなく、急激な流れに飲み込まれていった感じ。
帰宅するのは真夜中、心の余裕を失い、体も疲れ果ててしまいましたが、
不思議なことに、復活祭のミサにあずかり、今自分を見つめてみると、楽ですねん。
d0004296_0281661.jpg

「疲れたもの、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」
(マタイによる福音書 11章28節)
そう言ってまさにイエスに呼ばれて、来たのだと思う。
その日はたびたびお世話になっているフェアリーツリーのいずみちゃんにマッサージ
してもらい、連れ合いに励ましてもらい、少しずつ回復の道を辿って行ったのだろうか。
避けられぬと分かっていても、不安や嫌なことを出来れば避けたいと思ってしまう。
でも自分に今与えられている責任、使命を果たして行く為には避けては通れない。
「これしきのこと、乗り越えてみせる」と今日一日頑張ってみた。
イエスやフランチェスコや好きな聖人や天使、マリア様たちに祈って。
すると、大袈裟なことではないかもしれないが、今日一日のメインの仕事が
無事に終えることが出来た。
このことは週末の疲れ切っていた自分に据えてみると大きな自信となり、結果となった。
通常業務のペースに戻るまでにまだまだ時間はかかるが、少しずつでも前進して
行けそうだと感じられた。

綺麗な満月も見られました。みなさんもご覧になったでしょうか。
[PR]
# by tsk1225 | 2008-03-25 00:30 | DIGITAL ASKA

たまごっしゃ

新幹線も運休になった荒天の昨日、なんと宮城蔵王に行ったのでした。
ちょっとくらい風が強くても滑れるんちゃう?
そんな期待は木っ端みぢんになり、ゴンドラもリフトもすべて運休。
猛吹雪の駐車場にはゲレンデスタッフのものと思われる十数台の車が止まっているだけ。
マイボードの初滑りは3月に持ち越されました。
d0004296_2332453.jpg
帰りに吹雪のように猛烈な勢いで助手席から声がしました。
「ここ、寄るっ!!」
そこはメルヘンチックな雰囲気がただよう卵のお店「森の芽ぶきたまご舎蔵王本店」でした。先日連れ合いの友人から頂いたロールケーキはここのケーキだったのです。
腹ぺこだった私たちはたまご丼を注文。御飯のボリュームがかなりありました。
でもさすがにたまごがおいしくて、きのこや鶏肉(ひょっとしたらたまごの親の肉?)も
プリ、シャキとしていました。
http://www.tamagoya.gr.jp/
[PR]
# by tsk1225 | 2008-02-25 23:03 | DIGITAL ASKA

スノボデビュー

私はスノボーなんてやらない! 慣れ親しんだスキーで十分楽しいんですから。
なんて思ってきましたが、とうとう今年スノーボードに転向することにしました。
スキーと違って一枚の板に両足を固定するなんて、無茶やなと思います。
でも、滑っている他の人たちの姿やバランスのとり方を見ていると、
ふんふん、こんな感じかなぁというのが頭にじわじわとしみ込んできます。
で、いざ実戦。時間かかってビンディングを固定。
連れ合いに「じゃ、まず立ってみようか」と言われ立ってみると・・・
あっという間にしりもち。10回もしりもちした頃には、新しい感覚が体の中に生まれてきて。
おや? 立ててる? 立ててるや〜ん。俺もなかなか・・・どすん(グスンT.T)

と、リフト乗り場のまだ下で、スキースクールの子供達とコーチを右目に見ながら、
連れ合いの手に捕まって立ったり、変な足の角度でなんてことは無いはずの斜面を
登ったり、ビンディングをはめたり、滑り落ちたりしているうちに1時間半。

「腹減った・・・」
腹が減ってはスノボもできぬ。食堂で水分と軽食を腹に入れ体力補給。
「じゃあ、リフト乗る?」 はい?
ま、怖いもの知らずの私。そこは、ね。乗らない訳にはいきませんの。おほほ。
自慢していいっすか。いいっすか。
初日にしてですよ、4時間券は買ったけれども、リフトに乗って2時間。
終わる直前に、なんと、左右それぞれターンが一回ずつで来たんですよ。
これって、すごくないですかー? ジグザクに滑って止まって(すっ転んで)を繰り返し、
でも綺麗に連続ターンしてゆく若者たちのように滑りたい訳ですよ。
なんとなく考えて試行錯誤で得た経験と反省を元にやってみました。
連続はしませんでしたが、それぞれターンが出来たんです。嬉しかった♪

d0004296_233556.jpg


見事にはまったので、ブーツと板とビンディングと昨日購入、取り付けてもらって今日受け取ってきました。今週末山形蔵王に行けるといいのです。青空と樹氷を見たいのです。うふふふ。
d0004296_2234151.jpg

[PR]
# by tsk1225 | 2008-02-17 23:03 | DIGITAL ASKA

無病息災を祈って

今日はどんと祭ですねー。
職場でもしめ縄を近くのお寺に持っていったはりました。
わたしは帰宅して直ぐに連れ合いと近くの神社へでかけました。
普段はがらがらやのに、今日は車が一杯。
境内にはすでに結構な人のにぎわい。
屋台の行列やお参りをする人の列が並ぶそばで、燃やしたはりました。
そばに来ると熱気で顔がほてります。
d0004296_2073465.jpg
二人で新年の幸福と無病息災を祈りました。


仙台市内では大崎八幡宮のどんと祭が規模大きく有名やそうです。
それがどこにあるかさえまだ私には分からしませんのですが、
大崎八幡宮では、男衆が裸で腹に晒木綿、腰にしめ縄を巻き、
白足袋・わらじ履き、口に白い紙をくわえねり歩く「裸参り」が行われる。
お参りの間、口をきいてはいけないそうですね。
関西ではテレビでしか見なかった行事が県内の多分近いところで行われているんですねぇ。
高く火の粉を舞い上げる炎を見て、やっぱり、遠くに来たんだなぁ、と実感。
近くに来たご縁なのでと、お守りを一つ買いました。

皆さんも近くのどんと祭に行かれましたか?
[PR]
# by tsk1225 | 2008-01-14 20:08 | DIGITAL ASKA

転身

d0004296_22423980.jpg
今日も風花が舞う厳しい寒さとなっております。お元気ですか?
本日ふと思いつき、来月山形蔵王に滑りに行くことにしました。
時折しも、石川遼君がプロ転向を決意したように、
私も今季よりスノーボードに転身を決意致しました。
それなら、先ずウェアが要るよねぇ、ということで。
おもむろにゼビオスポーツに赴き、ウェアを買うことにしました。

スノボのウェアってスキーウェアとまるでちがうんですね。
10年前にスキー場の近くに住んでいた冬に初めて買った全身ブルーのウェア。
怖いモノ知らずで、未熟な技術の故に、本人はターンしているつもりでも、ほぼ直滑降状態でゲレンデを一番下まで突っ切ってゆく姿は、友人曰く“青い稲妻”
ちんたらちんたら滑ってどないすんじゃい!
ドヒューンと行ったらんかい!  おぉ〜〜〜。気分スッキリ!

そんな思い出のあるブルーの上下があるのですが、今シーズンはお休み。
一意転身、今季よりボーダーになるのだ。
黒、白の組み合わせで探したけど、気に入るアイテムは無く、
渋めのゴールド系? と思ったら、タグにはモカブラウンと表示のジャケット、
ベージュのズボンをゲット。
樹氷の間をスイスイ・・・できるように頑張るぞ。ヒデヨシ、知ってる人います?
[PR]
# by tsk1225 | 2008-01-13 22:47 | DIGITAL ASKA


  仙台に移住して3年目。    日々の日記と写真たち。


by tsk1225

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
おこしやす
北野天満宮
上賀茂神社/社家の道
下鴨神社/糺の森
賀茂川
御室仁和寺
祇園白川
平安神宮
神泉苑
祇園祭
曼殊院
鷺森神社
赤山禅院
梨木神社
伏見稲荷
大徳寺
龍安寺
寂光院・三千院
銀閣寺
ふらり 江ノ島
ふらり 鎌倉
ふらり 仙台
仙台・松島
サン・ジェルマン・デ・プレ
DIGITAL ASKA
スピリチュアル
Musica Camino
未来
マグダラのマリア
さそり座の空模様。
登山クラブ

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
more...

最新のトラックバック

よめごや
from 京都写真紀行
世界の平和を祈る
from 素人1500mクラブ
マグダラのマリア
from marie-madelein..
iccoicco まーと..
from Notre Jardin
神野さんに贈った帽子
from iccoiccoの往復書簡

フォロー中のブログ

Be Makkou - ...
Decoracion's...
Notre Jardin
紫山のごはん会
murmures de ...
marie-madele...
以茶会友
serendipity ...
Le ciel gara...
La Famille M...
une goutte d...
Sister Wind ...
La Vraie Vie

リンク

検索

ライフログ


人生は、奇跡の詩


新・祈りのみち―至高の対話のために


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 12月号 [雑誌]


レント デラックス・コレクターズ・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 09月号 [雑誌]


歓びを歌にのせて (限定版) (特典CD封入)


女神の魔法 ~女神と天使のガイダンス~


エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる


フランス歳時記―生活風景12か月


マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女


バッハな一日


バッハ:ゴールドベルク変奏曲


アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光


エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている


キリスト・コミッション―いつでも奇跡はそこにある


AVE―天使・聖母マリア・イエス


ミッシャ・マイスキー「わが真実」―魂のチェリスト


バグダッド・カフェ 完全版


バッハ : 無伴奏チェロ組曲


時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!<デラックス版>


ベルリン・天使の詩


エンジェル・メディスン・ヒーリング―アトランティスの天使が伝える古代の叡智


静けさを愛することば


トマス・マートンの詩と霊性


この森で、天使はバスを降りた


オールウェイズ


愛することは許されること―聖書からの贈りもの


沈黙の世界


ことばへの旅


祈りのみち―至高の対話のために


オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)


Temptation


ディア・ハンター


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを


石を積む人


四季を旅する京都 (2005春夏号)


四季を旅する京都 (2004-05秋冬号)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧